美味しいもの・体に良いもの教えます

美味しいもの・体に良いものについて発信していきます。

重箱にはこだわりが

おせち料理を重箱に詰めるのは、ちゃんとこだわりがあります。人気高級おせちランキング

なぜ、重箱に詰めるのかというと、めでたさや幸せが積み重なるように、という願いが込められているからです。

重箱の段数は、5段重ねになっていて、1~4段目に料理を入れ、5段目は福を詰める場所として空にします。

ただ最近では、5段の重箱は、少子化や核家族化などにより、2~3段のものが一般的になりつつあります。

重箱には、福を重ねる、めでたさが重なるという意味があるので、おせち料理には欠かせないものなのです。

お正月になると家を訪ねる来客も増えるので、年賀に来るお客さんに対して、豪華に振る舞えるようにと、おせち料理は、重箱に詰められるようになりました。重箱は出しやすく、見た目にも豪華な形をしているので、お正月にピッタリです。

また、普通の料理膳でおせち料理を出すと、食器が多くなるので後片付けが大変です。

大皿に盛りつけるのも面倒です。

おせち料理に重箱を使えば、コンパクトに収まり、見た目も美しく仕上がります。埃や虫が入らないので、保存しやすいメリットもあります。